2009年06月04日

コーラとお茶のコラボ? 意外な組み合わせ! そのお味は・・・。

イメージとしては黒と緑のコラボ。
コカ・コーラとお茶が合体したら、どんな味になるんでしょう。

6月8日月曜日から、
カテキン入り&緑茶風味のコカ・コーラが発売になるそうです。

 『コカ・コーラ』に緑茶成分のカテキンを加えた『コカ・コーラ プラス カテキン』(コカ・コーラシステム)が8日に発売される。日本人にも馴染み深い緑茶フレーバーを配合し、すっきりとした飲み心地を実現。“コーラ”と“緑茶”という意外な組み合わせが話題となりそうだ。

「コカ・コーラ」に栄養素を加えた新ブランド誕生 〜第1弾はビタミンCを配合

 同社は、健康や美容についての関心が高い女性をターゲットとし、『コカ・コーラ』に栄養素や健康成分をプラスした新ブランド『コカ・コーラ プラス』を昨年12月より展開。第1弾はビタミンCを配合した商品を発売しており、第2弾となる新商品にはカテキンを配合した。引き続き、カロリーゼロ、保存料不使用と女性にとって嬉しい内容となっている。

 消費者の健康志向が進むなか、炭酸飲料にも様々なタイプが求められるようになっているようだ。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20090604-00000002-oric-ent


予想もしなかった組み合わせですねえ。
まだ発売になっていないので、実物を早く見てみたいものです。

以前、私はダイエットスプライトにはまったことがありました。
それからしばらくして、店頭でダイエットスプライトを見なくなったときは
ものすごく悲しかったんです。本当に・・・。

代わりにダイエットコーラを飲んだりしていましたが、最近は飲んでいません。

カロリーゼロ、保存料不使用ということなので、
この新しく発売になる「コカ・コーラ プラス カテキン」を試しに飲んでみようかな、と思います。





アッシュ・ダイアる トップページへ戻る
posted by アッシュ at 23:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記>日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年06月01日

クジラ 無事に脱出 いつかウォッチング

和歌山県の南紀白浜ワールドサファリに数年前に行ったことがあります。
そのときには、イルカショーとあわせてクジラのショーも開かれていました。
イルカよりも弱冠大きいかな、という感じでした。

クジラが和歌山県に迷い込んだニュースをいつかテレビで見ました。
浅瀬にクジラが来てしまい、にっちもさっちもいかなくなっていること、
人が助けるには危険を伴うので見守るしかないことなどが報道されていました。

ショーで観たクジラとは比べ物もないほど大きいんでしょうね。

それからしばらく、全然耳にしなかったんですが、
無事に外洋に出れたようですね。
よかったです。


 和歌山県田辺市新庄町の内之浦湾(周囲約3・6キロ)に迷い込んだマッコウクジラが1日朝、同湾外側の田辺湾に出ているのが見つかった。

 5月14日に内之浦湾内で見つかって以来18日ぶり。

 クジラは迷い込んで1週間を過ぎた頃から、湾奥の浅瀬にとどまり、衰弱した様子だったが、5月29日から再び内之浦湾内を泳ぎ始めた。1日午前6時頃、同湾の出入り口から北西約2キロの田辺湾内で泳いでいるのを操業中の漁船が発見した。

 日本鯨類研究所(東京)の石川創調査部次長(49)は、「長期間の絶食に耐えられる体力が残っていたのだろう。遊泳中に偶然、湾の出口を見つけたのではないか」と話している。


引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090601-00000470-yom-soci



テレビでみたときから、もう2週間以上も経っていたんですね!
クジラが動けなくなったら、ある程度死ぬことを覚悟して・・・という感じで報道されていたので
駄目なのが前提・・・という印象があったんですが、
このクジラは体力が残っていたみたいで、一安心です。
周辺の人はほっとされたことでしょう。

四国では、高知の沖でクジラウォッチングが出来ると聞いたことがあります。
調べてみたら、桂浜や黒潮町などで体験があるようです。

私はまだ海で泳いでいるクジラはまだ見たことがありません。
圧倒されるんでしょうねえ。


アッシュ・ダイアる トップページへ戻る
posted by アッシュ at 15:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記>日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年05月22日

ソフトクリーム 溶けなくても それはソフトクリーム

この間の週末にお墓参りに行っていました。

その帰りにソフトクリームを食べたんですが、
甥っ子はコーンカップの部分を先にかぶりついて食べてしまい
後からソフトクリームが溶けてとても食べにくそうでした。

他の子達は先にソフトクリームから食べだしていたんですが、
どうしてソフトクリームの方から食べないのか?なんて甥っ子には聞きませんでした。

大人なら溶け出す前に食べきることが出来るけれど、
子どもは食べるのに時間がかかるから仕方がないことかもしれませんね。

でも。

溶けないソフトクリームがあるそうなんです。

 日本海藻食品研究所(金沢市本江町、TEL 076-292-1782)が、金沢大学教授と共同開発した「おからペースト」を使用したパンやスイーツなどを販売するアンテナショップ「ヘルシーラボ」(同、TEL 076-292-3201)を本社隣にオープンしで3カ月が過ぎた。

 開発したペースト「おからda元気」は、豆腐を製造する際に大量に廃棄処分されるおからを特殊製法でペースト化したもので、おから本来の栄養分は残しながらカロリーを3分の1に抑え、保存も可能にした。さらに同店では、「佛子園」(白山市)の協力を得ておからパンを製造するなど、「健康」「美」「エコ」「福祉」をキーワードに、おからの幅広い使い方を発信している。

 「溶けないソフトクリーム」(350円)は、おからペーストと米粉を配合することで、常温で1時間放置しても溶けず、できたての姿をキープするもの。「甘さ控えめのさっぱり味」(同店)で、時間を追うごとに食感が変化する。オープン後、「不思議」「子どもに食べさせやすい」と話題を集め、ソフトクリーム目当てに幅広い客層も来店するという。

 そのほか、おからペーストを配合したドーナツ、ハンバーグ、コロッケ、フランクフルトなどの商品も多数販売。低カロリーの「おから麺」を用いた「ラボサラ」も近日中に店頭に並ぶ予定。

 同社営業部の内田涼人さんは「当社がこれまで培ってきた研究開発のノウハウを生かし、世の中にない新しいものを作り出していきたい」と意欲をみせる。

 営業時間は10時30分〜18時。第2・第4土曜、日曜・祝日定休。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090521-00000000-hsk_kz-l17

1時間そのままにしておいてもソフトクリームが溶けないなんて、
本当にソフトクリーム?なんて思いますね。

時間が経つごとに食管と同じように冷たさも変わるのかな?

甘すぎると口にいつまでも味が残ったりするときがありますが、
この溶けないソフトクリームは「甘さ控えめのさっぱり味」らしいので
一度食べてみたいと思います。

徳島から金沢までは遠いので行けないのが残念・・・。

そうそう、7月3日はソフトクリームの日なんだそうです。
ちなみにアイスクリームの日は5月9日です。
どちらも知りませんでした。

もしかして他にもいろいろな「○○の日」がありそうですね。



アッシュ・ダイアる トップページへ戻る
posted by アッシュ at 12:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記>日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。