2009年07月07日

皆既日食 太陽の観察 今・昔

7月22日に日食があるそうです。
日本では46年ぶりの皆既日食だそうで、これは見ないと損、なのでしょうか。

 今月22日に鹿児島県・屋久島などで日本では46年ぶりの皆既日食が見られる。京都でも午前11時5分に太陽の約8割が欠ける「部分日食」になる。安全な観察には注意が必要で、研究者は地面に映る「木漏れ日」で日食を確かめる方法を紹介している。
 ■研究者ら観察方法紹介
 日本各地で見られる部分日食について「世界天文年2009」や国立天文台ホームページで観察法を解説している。太陽を直接見たり、サングラスや下敷き、CDやDVD、すすをつけたガラスを使っても目を傷める危険がある。望遠鏡や双眼鏡は絶対にだめ。安全性を確認した「太陽めがね」も長時間見続けるのは避けた方がいい。
 小さな子どもも安全なのが、画用紙などに針で開けた小さな穴に光を通して太陽を地面に映す方法。木の葉のすき間から地面に映る木漏れ日も、たくさんの三日月が並ぶ面白い構図になる。JAXA(宇宙航空研究開発機構)宇宙教育センターは「みんなで木もれ日を撮ろう」キャンペーンを行い、ホームページで観察法を紹介し、写真を募集している。
 昨年の中国での日食で木漏れ日写真を撮影した京都大天文台長の柴田一成教授は「手をすぼめて作った穴でも地面に映せば欠けた太陽が観察できる。安全な方法で観察してほしい」と話している。
 ■京大で観望・講演会
 京都大理学研究科付属天文台とNPO法人(特定非営利活動法人)花山星空ネットワークは、屋久島などで「皆既日食」となる22日の午前9時半から、京都市左京区の京大北部キャンパス・理学研究科6号館で日食観望会と講演会を開く。
 「太陽めがね」(当日500円で販売)を使ったり、ピンホールや木漏れ日で映る太陽を見るなどの安全な方法で部分日食を観察し、皆既日食の映像中継と講演「日食と太陽コロナ」(磯部洋明京大宇宙総合学研究ユニット助教)がある。小学生以上対象で先着300人。大人1500円、高校生以下1000円。詳細は花山星空ネットワークのホームページ。


引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090707-00000003-kyt-l26


小学校のときの理科の授業で太陽について習ったとき、
確か下敷きや黒い画用紙を使って太陽を見た気がします。

下敷きなどは目を傷めるんですね・・・汗。
もしかしたら、今は学校では直接太陽を見てみる、という実験(観察)はないのかもしれません。

あれ、私のときにもなかったのかな?
数十年も前のことなので忘れてしまいました。

皆既日食の時間はいつからだろう?と思い、検索してみました。
鹿児島県では、午前11時前だそうです。
(参照:鹿児島県:2009年の皆既日食について


・・・。

徳島県では見れるのでしょうか。
見えなかったら残念ですが、
そのときはテレビでじっくりと皆既日食の映像を見てみたいと思います。

アッシュ・ダイアる トップページへ戻る
posted by アッシュ at 16:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記>日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年06月30日

阿波踊り 今年もそんな季節 でも見る阿呆

今朝、地元の新聞を読んでいると、
阿波踊りのチケットが明日7月1日に発売される案内が
掲載されていました。

徳島では、この季節になると
あちこちから「よしこの」のリズムが聞こえてきます。

市街地で車を走らせていても、
窓を開けていると「チャンカチャンカ♪」という音が
「ああ、もう阿波踊りの季節か〜」と思うわけです。

といいつつも、
外出の機会が無いと最近は阿波踊りの練習を見る機会もなくなりました。
多くの連は夜に、
公園などの広い場所で練習している場合が多いのです。


阿波踊りは、有名連から学生が作った連まで、
様々な連(阿波踊りのグループ単位です)が
街中に繰り出します。

もちろん、阿波踊りを見ていて踊りたくなったら、
飛び入り参加OKの「にわか連」で踊ることができます。

踊りには、男踊りと男踊り(女性バージョン)、女踊りがあります。
他にもやっこ踊り?というものがあった気がします。

連によって独特の踊りがあったり、フォーメーションがあったりするので、
次から次へと連が出て来ても飽きることがありません。

演舞場から演舞場へ移動するときも(有料と無料があります)、
ちょっとした場所で踊っていることがあるので
歩きながらも楽しめます。


徳島市で行われる阿波踊りは
8月12日から15日までの4日間です。

その期間は街がちょっと浮き足立っている感じに思います。
ちょうどお盆期間中なのですが、
私にとってはその期間はお盆よりも阿波踊りを先に思い浮かべています。


よく言われるのが
「踊る阿呆(あほう)に見る阿呆、同じあほなら踊らにゃ損々」という
「よしこの」の歌の一部です。

でも、私が踊ったのはほんの数回。
小学校6年生の時の運動会の出し物と・・・。

・・・。

中学校では踊らなかったのかな?
よく覚えていません(汗)。

大人になってからは、子どもが通っていた保育所で
少し踊ったくらいです。

すっかり見る阿呆です。

ここ数年はテレビでチラッと見るくらいになっています。
たまには、本物を見てみるのもよいかな。


タグ:阿波踊り

アッシュ・ダイアる トップページへ戻る
posted by アッシュ at 17:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記>日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年06月25日

伊達公子選手 ウィンブルドン 私の思い出

いつだったのでしょう。
テニスのクルム伊達公子さんがまた選手として復帰するというニュースを聞いたのは。

そして、ウィンブルドンで残念ながら1回戦負けというニュースを昨日知りました。

 伊達が聖地に帰ってきた。テニスのウィンブルドン選手権第2日は23日、英ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、13年ぶりに出場した世界ランク142位のクルム伊達公子(38=エステティックTBC)は、女子シングルス1回戦で第9シードのキャロライン・ウォズニアッキ(18=デンマーク)と対戦。1―2で逆転負けしたが、世界ランク9位の強豪から第1セットを先取するなど大健闘した。右太腿にけいれんを起こすアクシデントに見舞われながら、気迫で最後まで戦い抜いた。

 クルム伊達は1時間54分の接戦の末に力尽きた。最後は相手のサーブをラケットに当てるのが精いっぱいでアウト。96年の女子シングルス準決勝で当時の女王グラフと熱戦を繰り広げてから4736日。主催者推薦(ワイルドカード)で13年ぶりに本戦出場を果たし、20歳年下の強豪と最終セットまで戦った。「どういう状況でも自分のプレーを貫こうと思った。(終盤に)足がけいれんしたのは残念だけど、そこまではやるべきことができた」。逆転負けだったが、新設の2番コートの観客席から惜しみない拍手を送られた。

 08年4月7日に12年ぶりの現役復帰を発表。「世界のトップで戦うことは考えていない」とコメントしたが、1年2カ月後、最高峰の舞台に戻ってきた。初戦の相手は世界ランク9位のウォズニアッキ。1メートル78の長身から繰り出す強烈なサーブとパワフルなフォアを持ち、昨年ジャパン・オープン覇者で先週のエイゴン国際を制した伸び盛りの若手。クルム伊達にとっては復帰後、ランキングが最も高い選手との対戦だったが「(相手は)芝はそれほど得意な方ではないと思う。やることは見えている」と自信があった。

 そして言葉通り格上の相手を翻ろうした。14日のロンドン入り後、力を入れてきたスライスを多用。ネットすれすれの軌道のショットを放ち、積極的にネットへ詰めた。得意の速いタイミングのショットでラリーの主導権を握った。シーソーゲームの第1セットは、6―5で迎えた第12ゲームで3本目のセットポイントをものにした。

 しかし、最後は体がついてこなかった。第2セットを3―1でリードしたところまでは「相手がやろうとすることを封じ込められていた」。だが徐々に疲労が見え始め、このセットを3―6でダウン。最終セットには両足にけいれんを起こすアクシデントが襲う。1―2の第3ゲーム終了時にはバナナを食べて栄養補給したが、治まらなかった。トレーナーを呼び、マッサージとアイシングを制限時間いっぱいの3分間施したが、ボールを追う足取りは重かった。

 5月の全仏オープン予選で痛めた左ふくらはぎは回復していたが、38歳の体は悲鳴を上げていた。開幕前、口元には疲労が蓄積した時に出る疱疹(ほうしん)が出ていた。追い込んだ練習をしている「好調のサイン」だったが、最後はスタミナ切れで5ゲーム連取された。勝利には届かなかった。だが、夫のレーサー、ミハエル・クルムが見守る前でミセスは最後まで戦った。その姿は感動的だった。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090624-00000035-spn-spo


私が20代の頃はまだ彼女は現役で、
深夜にテレビにかじりついて全仏やらウィンブルドンやらをを見たのを覚えています。

特に、シュテフィ・グラフ(Steffi Graf)との試合は圧巻でした。

以下、Wikipediaより引用
グラフが伊達に敗れたのは1996年フェド杯1回戦の1度だけであるが、同年7月のウィンブルドン準決勝では伊達と2日がかりの試合を戦った。グラフが 6-2, 2-0 とリードした後、第2セット・第3ゲームから伊達が6ゲーム連取し、セットカウント 1-1 となったところで日没順延になる。翌日に再開された最終第3セットはグラフが取り、4日-5日にかけて行われた試合は 6-2, 2-6, 6-3 でグラフの勝利になった。

もし、試合が順延にならずにそのまま続けられていればどうなっていたんでしょう。
深夜、テレビの前でドキドキしながら応援していたときは、
伊達選手が追い上げていただけにとても悔しい気持ちになりました。

次の日に持ち越された試合はあっという間に終わってしまっただけに残念でした。


当時は週1回ほどテニスをしたりしていた私も、
今ではラケットを握ることはありません。
ガットを張りなおさないといけないだろうなあ・・・。

それよりも何よりも、コートを走り回る体力があるかどうか。

しばらくはWiiスポーツの中のテニスでがんばりたいと思います。





アッシュ・ダイアる トップページへ戻る
posted by アッシュ at 15:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記>日々のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。