2009年06月02日

FOX スタイリスタ 第6回目はダイジェスト

先週の月曜日、スタイリスタの第6回目が放送されました。

ですが、本来の放送と違い、第1回目から第5回目のダイジェスト版といった感じです。

ダイジェスト版ですが、
番組の趣旨である編集者を目指しての課題に的をしぼったというよりは、
人間関係に焦点をあてている気がしました。
未公開シーンも少しありましたが、それも人間関係絡みだったように思います。

つまり。
見ているときに気持ちがいいとはいえないような、
何かドロドロしているなあ・・・というような場面が多かったということです。

そんなわけで、先週はあまりスタイリスタについて
書く気にはなれなかったんですねえ・・・。

じゃあ、スッパリと見るのを止めればいいんでしょう。

私が興味があるのは、
いかに課題をこなしていくのか、どのように編集作業をしていくのか、
という部分です。

それが見たいために人間関係が悪くて嫌だなあ・・・と思っていても
ついつい番組を見てしまっています。

雑誌ELLEについて、
どのようなコンセプトについて作られているのか
よく知っているとは言えない私です。

番組で出演者たちがこれはELLEらしくない、だとか話していると
「ふーん、そうなのか。」と、分からないながらも
知ったかぶりできそうな気がしています(無理!)。


アッシュ・ダイアる トップページへ戻る
posted by アッシュ at 09:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | FOX>スタイリスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年05月19日

FOX スタイリスタ 第5回目は映画の世界!

スタイリスタの第5回目が放送されました。

いつの間にか、残っている人が6人になりました。

最初の課題は、ギフト選びです。
2人1組になってELLEの編集長が贈るにふさわしい物を選びます。
候補者たちがギフトを選んでいるときは、
それぞれになるほどな、と思っていました。

ですが、ELLE編集長であるアンの見方は違っていて、
それぞれの候補者に対するコメントが鋭いものでした。
コメントを見た後では、どのギフトもいまいちな気になってしまいました。

次の課題はパーティーがテーマです。
ここでは、まさに映画「プラダを着た悪魔」そのものです!
アン編集長に挨拶に来る人々は誰なのか、
名前や補足情報を伝えなければなりません。

本当に、こんな世界があるのね・・・と
テレビを見ていて思ってしまいました。

今回の勝負も、どのチームが勝つか分かってしまい
ハラハラドキドキがありませんでした。
それに、編集をチームでするので2つしか課題作品がなくて残念です。
編集過程やいろいろな作品を見てみたいなあ〜と感じました。

そして、日本人ならとてもじゃないけれど太刀打ちできそうにありません。
自分がこれだけのことをしました。私は悪くありません。
などという自己主張が出来るかどうか・・・。

とにかく、悪いのは自分ではない。
自分はこんなに素晴らしい仕事をした、というアピールが鍵なのかもしれません。

番組の前半、今回落ちたダニエルは体型のことでいろいろと話していました。
華やかなファッション業界では細身が当たり前の世界なんでしょう。
その世界に細身ではない彼女が立ち向かったのは凄いと思います。

その反面、ファッション業界では彼女が不利なのは分かっているはずなのに
見かけだけではない、という彼女にほんの少し疑問を感じました。

とはいうものの、私は到底ファッション業界では生き残れないわけです・・・。

アッシュ・ダイアる トップページへ戻る
posted by アッシュ at 13:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | FOX>スタイリスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年05月11日

FOX スタイリスタ 第4回目は先が読めた!

月曜日の午後8時には、スカパーのFOXでスタイリスタが放送されます。
第3回目は録画を2回ほど失敗しました。
ですから、今夜は子どもにチャンネルを替えないよう言い聞かせるのは忘れませんでした。

まずは前哨戦。
こちらは、もっと候補者が選んだ服を見たかった気がします。

そして、チーム編成。
前哨戦でELLEの編集長に選ばれたデショーンがチームを2つに分けました。
お互いに嫌いあっているケイト、アシュリー、メーガンの3人を同じチームにしました。

チーム分けを決めるときに、性格や戦略が出るものだなあと、つい思ってしまいます。

今回は前回のようなドロドロ感をあまり感じずに済みました。
人間関係はやはり悪いに違いありません。
・・・少しずつ、この番組に慣れてきたのかな。

チームが2つというのもあるのと、放送の見せ方や審査する人たちのコメントから
この人が落ちるんじゃないかな、予測がたってしまいました。
そして、その通りの結果に。

チームの中で自分がどんな役割を持ち、どんな主張をしたか、というのが
重視されていると感じました。
周りに任せたままで補助的な役割のままだったり
自分の経験や才能を活かせきれていない人が落ちた回でした。

アッシュ・ダイアる トップページへ戻る
posted by アッシュ at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | FOX>スタイリスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。