2009年06月16日

FOX スタイリスタ 第9回目、決定!ELLEで働くのはこの人

ついに最終回を迎えることとなりました。
スタイリスタ第9回目はメーガン、デショーン、そしてジョハンナで
ELLE編集者の椅子を争うことになりました。

今回は課題ではなく、ELLE編集部長との面接です。

番組中盤、デショーンはケイトに突っかかる場面が多くて
あまりイメージがよくありませんでした。
しかし、面接では自分をアピールして感じのよい青年になっていました。

ジョハンナもそつなく面接をこなしていたように思います。

二人に比べると、メーガンは相変わらず自信満々で、
それでいいのか?と思わせる場面がありました。

特に、編集部長から質問をどうぞ、と言われているのに
「無い」と言い切るところ。
それはまずいんじゃあ・・・と思っていたら、
やはり編集部長もそのように感じたようです。

結局、面接でメーガンは不合格となり、
デショーンとジョハンナとで優勝を目指して対決することに。

今回の課題は最終回ということで、
ELLEの表紙を手がけることになりました。

スタイリングから表紙撮影までは、二人にアシスタントがつきます。
デショーンにはアシュリーとダニエル。
ジョハンナにはメーガンとケイト。

一緒に戦った相手が、
今度はそれぞれデショーンとジョハンナを助ける立場になります。

しかし、メーガンとケイトは何というか天敵ですよね。
それが準備段階でまたひと悶着を起こすことになってしまいます。

アシスタントはデショーン有利、という感じでした。

そして、編集は今回はデショーン、ジョハンナ一人で仕上げます。

できれば編集は最初からチームではなく一人ひとりでした方が
個性が見えて面白かったかも知れませんねえ。

そして、結果は・・・。
ジョハンナの勝ち、となりました。

ELLEの編集者として、1年間働くことになります。

番組を見ていた身としては、
その後のジョハンナがどのように編集に携わっているのか
見てみたいなあと思いました。



アッシュ・ダイアる トップページへ戻る
posted by アッシュ at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | FOX>スタイリスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FOX スタイリスタ 第8回目、ゴールは目の前!

先週放送された、スタイリスタ第8回目。

所用が重なりなかなか見ることができませんでした。
これで残すは最終回のみ、となりました。

アシュリー、メイガン、デショーン、そしてジョハンナが優勝を目指して争います。
優勝者は雑誌ELLEで1年間編集者として働くことができ、
他にも洋服を提供されるなど特典があります。

アシスタント課題は、服に合うモデルを探すこと。
これは、候補者の考え方を知ることができて興味深かったです。

ELLE編集長アンが選んだのはメーガンでした。
そして、メーガンが課題に向けてチーム選びをしました。

メーガンのチーム選びはとてもビジネスライクでした。
メーガンを友達と思っていたデショーンは自分が選ばれずにショックを受けていました。

しかし、選び方については友達だから、と選ぶよりも
仕事ができる人を選ぶのは当たり前のように思うので
私は今回はメーガンの選び方に納得してしまいました。

以前のように、アシュリーを早く落としたいからチーム分けする、
というのは論外ですが。

課題はこれからブレイクするデザイナーを紹介すること。
また、前回と同じように、1人のデザイナーの取り合いが始まるかと思ってしまいました。
今回はいつも出てくる女性(名前が分からない・・・)が仲裁に入り
双方のチームの話を聞いて、デザイナーがどのチームがよいか決めることになりました。

結果、アシュリーとデショーンのチームがデザイナーに選ばれました。
メーガンとジョハンナは改めて別のデザイナーに取り組むことになりました。

そして・・・。
結局、またしても編集で失敗したアシュリーが場を去ることになりました。
注意されたのにまた同じ事を繰り返したから、かなと思います。
私にも予想はついてしまいました。

アシュリーはこれで自信がついた、と話していました。
スタイリングなどはよいにしても、編集がダメといわれているのに
何故自信がついたんだ??と疑問に思ったのは私だけでしょうか。

候補者はメーガン、デショーン、ジョハンナの3人となりました。
この中から、ELLEで編集できる人が選ばれます。
予告を見ると、勝負から去っていった人がまた出てくるようです。

誰が最後まで勝つのか、楽しみです。


アッシュ・ダイアる トップページへ戻る
posted by アッシュ at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | FOX>スタイリスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年06月02日

FOX スタイリスタ 第7回目、ついに・・・落ちました。

昨夜、所用があり、家に戻って寝る前ぐらいまで
すっかり「スタイリスタ」が今日放送されるのを忘れていました。

よかった、録画予約しておいて・・・。

というわけで、スタイリスタの第7回目が放送されました。

全体的な感想をいうと、
昨日は興味深く、面白く見ることが出来ました。
これまでは、何かしら嫌な気分になることが多かったんですねえ。
自分でも驚きました。


まず、いつものようにアシスタント課題を行います。
最初の課題の優勝者は、次の課題でチームのメンバーを決めることが出来ます。

今回の課題は、モデルの為のホテルの部屋を用意すること。
リストアップされた品物を調達して自分なりにアレンジをします。

ここで、皆に嫌われているケイトはまさしく自分の為の課題、と張り切ります。
ですが、モデルが選んだのはデショーンがコーディネートした部屋でした。

今まではサラッとした感じで放映されていた最初の課題、
なかなか楽しく見ることが出来ました。

次の課題はチームで取り組みます。
皆が待ちに待っていた、ELLEのファッションページを作るのが課題です。
服選びからヘアスタイルにメークなど、全てを自分たちで決めます。

チームの編成は第1チームがケイトとアシュリー、
第2チームがメーガン、ジョハンナ、そしてデショーンです。

正直、ケイトとアシュリーでは又言い争いが始まるんだろうな、と思っていました。
ところが予想に反して、2人は和やかな雰囲気で服を選んでいきます。

そして、スタジオでの撮影・・・。
ケイトとアシュリーが組んでいるチームの方が
動きや面白みがあるように思いました。

ケイトとアシュリー、二人をあざけるように見ていたメーガンとデショーンも
最後には黙ってしまっていました。

編集作業では、ケイトがデショーンの冗談(にしては悪意ありすぎ・・・)に対して
帰りだしてしまいます。
そこで、アシュリーがケイトを引き止めます。

今までのアシュリーなら、そのような事はしなかったように思います。
アシュリーに対して、私はキーキーとわめき散らすイメージを持ってしまっていたんですが
今回のケイトやデショーンに対応する態度にはものすごく感心してしまいました。

また、ケイトについても、
課題に対して生き生きと取り組んでいるなあという気がしました。
だからこそ、デショーンの一言が悔やまれます。
また、課題発表後のケイトの態度も悔やまれるわけです。

そして、デショーンに対しては、大人の対応をしようよ、と思ってしまいました。
悪いと思っても謝らないなんて・・・。
自分が逆の立場だったら、とかは考えないんでしょうかねえ。

番組当初から思っていたことですが、
出演者の自己主張がものすごく強いです。
自分に対して自信を持ちすぎていて、私とは比べ物になりません!

もし私がスタイリスタに出たとしたら、一発で打ちのめされそうです。

ELLEの編集者アンの他3人でチームの課題を審査します。
ここで、プロとしてどう見るかが分かり興味深いです。

今回、アシュリーが予想していたように、
アシュリーが落ちるのかなあと思っていたら
ケイトが落ちてしまいました。

ケイト自身が言っていたように、
ケイトに対して攻撃的な人がいる中で課題を続けるのは辛かったでしょうから
ここで落ちたのは、それはそれでよかったのかも知れませんね。


第7回目も嫌な部分はありましたが、
コンセプトの考え方、服選びや撮影シーンなど、
いろいろと興味深いシーンの方が私には多かったように思います。

来週は早く見たいなあ、と思えた回でした。


アッシュ・ダイアる トップページへ戻る
posted by アッシュ at 11:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | FOX>スタイリスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。