2009年04月30日

メダカ 我が家に来てから 4年目に

ずっと紹介していなかった、我が家にいるメダカたち。

最初の代のメダカたちが来たのは2006年の初夏です。
その時はメダカが珍しくて、何回も水槽を覗いたりしていました。
メダカって、たくさんの種類があるんだ!と分かったのもそのときです。
ヒメダカにクロメダカ、ダルマメダカなどネットや本を見て
ほんの少しメダカに詳しくなりました(あくまでも、ほんの少し、です)。

体もやや大きくなると、早くも卵を産みだしました。
これが、大体1週間か2週間すると小さな、ほんとうに小さなメダカが卵からかえります。

メダカは金魚に比べると大きさはかなり小さいです。
それが、メダカの赤ちゃんとなると、
さらに大人のメダカに比べるとミニサイズなわけです。
じーーっとついついメダカに見とれてしまうんですね、これが。
動いているだけで飽きませんでした。

その時は玄関を入ったところの出窓に水槽を置いていました。
それからしばらくしてメダカの本を数冊購入し、
約1年ほど外で飼っていました。
メダカは動きがすばやいらしく、猫などが来てもサッと隠れるらしいです。

そのときにいたメダカは20匹を超えていたように思います。
ですから、家に来てメダカを見た人の中に
メダカを欲しがる人がいたら、おすそ分けをしたりしていました。
貰われていったメダカたち、卵を産んで仲間を増やしていったみたいです。

残念ながら、我が家のメダカたちは卵を産んで孵化しても
大人のメダカに食べられたりして、気がついたら数匹になっていました。

現在は古株のメダカが1匹と新しく貰ってきたメダカが5匹くらいいます。
卵を産むにはまだ体が小さいかな、と思います。
夏になると体が大きくなって
また小さな卵をみることが出来るかな・・・。

どの本か忘れたんですが、メダカの名前の由来を書いてありました。
目が高い位置にあるから、目が上の方にあるから
メダカというのだそうです。

タグ:メダカ

アッシュ・ダイアる トップページへ戻る
posted by アッシュ at 18:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ペット>メダカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。