2009年07月09日

利き目に利き手 思い込みに 要注意! 

昔は左利きだった私ですが、
今ではお箸に書き物をするときなどはすっかり右手でするようになりました。
それでも、やはり気がついたら左手を使っているときが多いなあ、と思います。

利き手があるように、利き目、利き足があるそうです。

私の場合、利き目は左だと思っていました。
利き足はどちらか分かりません。

それが、「利き目を簡単に知る方法」というサイトを見て、利き目を調べたところ・・・。

利き目は右でした。

私は右目よりも左目の視力がよいので、利き目はなんとなく左目だと思い込んでいました。
視力と利き目は関係ないんですね。


子供のころから視力検査は常に左目よりも右目がよかったです。
小学生の頃、視力検査は保健室で行われていました。

右目は、視力検査に使われる「C」の形が前方にボーッとして見えていました。
当然、穴の開いている方向が分からずに適当に答えるはめになったことが多々あります。

左目から右目に目を隠す黒いおたまみたいなものを移動したとき、
あまりにも左目がよく見えるので驚きます。

パッと、視界が開けて明るくなるんです。
それで、視力検査も次々と答えられます。
先生も驚いていましたし、私も右目とあまりに違うのでビックリ!でした。

それは今でも変わりません。

でも、両方の目とも、視力はよくないので今はハードコンタクトレンズを使っています。
視力に差がありすぎるので、メガネでは調整が難しいそうです。
その点、コンタクトレンズならそれぞれの目にあわせられるらしいです。

だから、コンタクトレンズを外すときは左目からレンズを外します。
右目からレンズを外すと、視界の見え方があまりにも違うのでクラクラしてしまうからです。

レーシック手術をすれば、視力が回復するらしいんですが、
しばらくはコンタクトレンズとお付き合いの予定です。



参照サイト:利き目を簡単に知る方法 by ハピラボ - 幸せ人生研究所

タグ:利き目 視力

アッシュ・ダイアる トップページへ戻る
posted by アッシュ at 13:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年06月05日

分析! 夢の記憶 それは本当!? 

わたしはよく夢を見るほうです。
これは「夢 レム睡眠 記憶なし?」という記事にも書きました。

夢を見て目が覚めた後に、
覚えているときは、こんな感じだったなあと
夢を思い出すようにしています。

どうしてこの夢を見たのか、気になるからです。

気になる場合は、
携帯から夢の核であったに違いないキーワードを検索して
なぜこんな夢を見たのか、分析するようにしています。

飛び降りる夢に川の近くを車で移動していたり、
家の中で何かしていたり・・・それはいろいろあります。

ちなみに、家は何種類かパターンがあって、
自分の家と夢の中ではすぐに認識していたりします。

夢占いのサイトを見てみて、
「そうかも知れない」と思うこともあれば、
「そうなのかなあ?」と半信半疑になることもあります。

夢に自分の精神状態が現れているときもあれば、
何でこんな夢をみたのかな??というときもあります。

不思議ですねえ。

とはいいつつも、ベッドから起きて、
朝の支度をし始めるとほとんど気にならなくなっているのが常です。

いちばん古い夢の記憶は、仮面ライダーものです。
ショッカーに連れ去られてしまい、
ショッカーに囲まれておびえているというものでした。

怖かったです。



アッシュ・ダイアる トップページへ戻る
posted by アッシュ at 12:57 | Comment(4) | TrackBack(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年04月20日

左利き 右利き その狭間

子供の頃、気がついたら左手でものを持ち、絵を描いたりしていました。
自分では全然気にならなかったんですが、親は気にしていたんですね。
小学校に入る前に、書道塾に通いに行かされ、
そこで文字を書くのを右にするように言われました。
そこの書道の先生に、「右手で書くように!」なんて言われたことを思い出します。
それからは見事に右利きになったように思います。

右利きに矯正されたはずなんですが、
いまだに左手でないと気持ち悪いのが歯を磨くこと。
これだけは譲れません。

それから、意識せずに何かに手を出したりする時は
左手が多いように思います。
コーヒーを飲むときは、持ち手が左手側に来るようにして飲みます。

左手から右手に利き手を矯正したせいなのか、
時たま話すのがしづらいときがあります。
ちょっとどもってしまうというか・・・。

もし、左手を矯正されなかったら今はどんな風になっているのでしょう?

職場の上司は左利きの方が何人かいました。
学生時代にも左利きの後輩がいました。
何で私は左利きじゃあないんだろう、と
「元左利き」はたまに寂しく思ったりします。

右手でも左手でもどちらを使っても応用がきく?のはいい面かもしれません。
タグ:左利き

アッシュ・ダイアる トップページへ戻る
posted by アッシュ at 18:44 | Comment(6) | TrackBack(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。