2009年09月29日

2009年の秋冬 ミシンを使う? 使わない??

家の片隅に、ミシンをそっと置いてあります。
このミシンは結婚当初に購入したものなのでもうかれこれ十数年になるものです。

でも、私が使ったのはほん僅か・・・な気がします。
気がついたら、いつの間にかミシンは実家に場所を移していました。

ミシンを使ってまた何か作りたいなあと思い
実家から我が家にミシンを持ち帰ってきました。

それが、確か春先のことだったように思います。
いざ使おうと思ってミシンをセッティングして気がついたのですが、
説明書がどこにもありませんでした。

もちろん、直線縫いをするには問題がないのですが
上糸や下糸が無くなったときのセットの仕方を忘れているため、
ミシンの説明書がないと不安なものです。

書店や図書館で目にした本を見て、それらの作品を作る気満々だったのですが
テンションが下がってしまい・・・。
そんなこんなで、ミシンを使うには至らずに置きっぱなしにしています。

同じ型のミシンの説明書は既にないようですが、
ネットを検索していて、同じメーカーの説明書を発見しました。
それで何とかなるだろうと思い、また何か作ろうかなあという気が
ほんの少しだけムクムクと芽生え始めています。

昨年の秋冬は編み物に夢中になりました。
といっても、セーターやマフラーなどではなくて、
かぎ針で編むあみぐるみや小物類などです。
編んだものをヘアゴムにして下の娘の結った髪につけたりしています。

今もヘアゴムを使っているし、あみぐるみなども娘は気に入ってくれているようです。
それをたまに見かけた人が褒めてくれるのですが、
すごく気恥ずかしい気持ちになります。
上手な人が見たら、鼻で笑われると思います。

夏の間は暑くて毛糸を触る気にはなれなかったのですが、
そろそろ、また編み物をしたくなってきました。

ヘアゴムも、娘が犬くんと遊んでいるときに犬くんががんで汚れてしまったり
ローテーションが決まってきたりしているので
新しいものが増えてもいいですよね。


とはいうものの・・・。

何かを作りたい気持ちはあるのに、
まだまだ「さあ作るぞっ」という気持ちにまではなっていません。

この面倒くさがりな気持ちがどこかに行ってしまえば、
何かきっかけがあれば、
あとは一気に「何か作りたい病」にかかりそうな気がします。


アッシュ・ダイアる トップページへ戻る
posted by アッシュ at 23:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年08月03日

8月 セミ 今・昔

8月になりました。

徳島は7月の末にようやく梅雨明けをし、夏真っ盛りです。
先週降り続いていた雨が嘘のように太陽が明るい光を投げかけています。

暑いといっても、私は8月が嫌いではありません。
8月は私の誕生月だからです。
それに、寒がりなので寒いよりは暑いほうがまだマシなのです。

実家は山の近くにあったので、
夏になるとセミが朝早くから鳴いていました。
子供の頃は近所の子達と昆虫網をもってセミを探していました。
アブラゼミにニイニイゼミ、クマゼミがよく捕れたように思います。
昔は平気でセミを触れたのに、今は触れることが出来なくなりました・・・。

今もセミは鳴いていますが、
子供たちがセミを追いかけている姿を見かけなくなりました。
住んでいる場所のせいなのか、子供たちが捕らなくなったのか。
どちらなんでしょうか。

7月後半は子供たちの用事で終わってしまった感があります。
8月は少し自分のペースを取り戻して行きたいと思います。



アッシュ・ダイアる トップページへ戻る
posted by アッシュ at 14:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年07月17日

本の世界 読書に夢中 偏りすぎ?

ここしばらく、読書にはまっています。

子供のころから本を読むことが好きで、
今までにも様々な本に出会えることが出来ました。

最近は映画やドラマに押されてしまい、
どちらかというと「読む」よりも「みる」ことの方が
優先順位が高かったように思います。

これは、数年前に英語学習に目覚めたので
リスニングを兼ねて海外ドラマをみる機会が多くなったためだと思います。

そんなこんなで、(多分)年に十冊も読んでいなかった私ですが、
また読書の世界にひたりつつあります。

私の悪い癖なのですがで、
一度作品のとりこになってしまうと、もう他の事がしたくなくなってしまいます。
(もちろん、軽く読める作品もありますが・・・)

特に長編で私の好きなジャンルのミステリー、サスペンス系になると
その傾向が強くなるように思います。

でも、さすがに若い頃に比べると体力がなくなってきたように思います。

宮部みゆきさんの「震える岩」、高村薫さんの「マークスの山」などは
続きが気になってしまい、徹夜で一気に読んでしまいました。
その他にも、徹夜しながら読んだ作品がありましたが、
今すぐには題名が出てきません・・・(汗)。

今ならきっと、眠気に負けて徹夜は出来ないように思います。

長編を読んでいる最中は、作品の世界にとらわれてしまうと
家事をしているときも頭がグルグルと本について考えてしまいます。

早く本を読みたくて仕方がなくなってしまうのです。

この週末、久しぶりに読んだジョン・グリシャムの本は、
そこまでの執着はありませんでしたが、面白く読むことが出来ました。

ジョン・グリシャムの作品は昔はよく読んでいたのですが
最近の作品は読むことなくご無沙汰していました。
少し、初期の頃と作風が違っている気がしました。

でも、また読みたいなあと思う気にさせてくれたのは
ジョン・グリシャム作品のおかげですね。

一たび読み出すと、また別の本が読みたくなってしまいます。

読むことに夢中になってしまうと、
(ブログを)書くことがおろそかになっています。

バランスよく、読み書きをすることを心がけないといけません。



アッシュ・ダイアる トップページへ戻る
posted by アッシュ at 11:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。