2009年04月19日

映画レッドクリフ 地上波初放送 そしてパート2

4月も半ばを過ぎ、のどかな週末となりました。

録画している番組が多くなってきているので、
録りためている中から先週放送された映画「レッドクリフ」を見てみました。

地上波で放送のため、コマーシャルが多く感じました。
本当はテレビの前でビシッと座って集中してみるのが好きなんです。
でも、中盤くらいまでは若干「ながら見」に近い感じで見てしまいました。
ちょっと間延びするなあ、と感じたところはリモコンの早見早聞機能を使い
時間を短縮して見ました。

途中からの戦や駆け引きがあるシーンは面白かったです。
ですが、いかんせん三国志の知識があまりないのと顔の見分けがつかなくなったのとで
「この人誰だっけ??」と思いながら見てしまいました。

映画のタイトルが「レッドクリフ」というだけあり、
現在公開中の「レッドクリフ Part2」が赤壁の戦いを描いているようで楽しみです。
でも、映画の放送が終わった後に今公開中の映画の内容が放送されていて、
多分ダイジェストだったんでしょうが、見た気になっちゃいました!!

これで映画館に行く気がうせたんですが、私だけなのでしょうか。
本当はダイジェストを見て「うー、もっと見たい!!」になるのかな?

ということは、私は天邪鬼ということになりますね。

見終わった後に三国志がどのようなものか気になって
いろいろとネットを検索したり本を探したりした人は多いでしょうか。
私はいつも見終わって「もっと知りたい」と思うと調べたりしています。

実際の歴史と映画とを比べてみたらさらに映画を楽しめそうです。


アッシュ・ダイアる トップページへ戻る
posted by アッシュ at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画>感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年04月07日

番宣 ドロップ どうしようかな

昨夜、録画していた「嵐の宿題くん」を見ました。
ゲストとのトークや嵐のメンバーが面白いので好きな番組の1つになっています。

昨日のゲストに品川ヒロシさんが出ていて、映画「ドロップ」の出演者の話をしていました。
「ドロップ」という映画にあまり興味が無かったんですが、
話を聞いていて何か面白そうだなあ、見に行きたいなあと思ってしまいました。
メインゲストは本仮屋ユイカさんで同じく「ドロップ」に出演しています。

「ドロップ」の公式ページを見てみると、成宮寛貴さんと水嶋ヒロさんが主演のようです。
で、品川監督が番組で話していたのも2人のことでした。
水嶋ヒロさんは役柄とまったく違うのに役にはまっていたこと、すごく天然であることを、
成宮寛貴さんはNGが出るとそばにいる人の肩をものすごく叩くことを話していました。
公式ページを見て、初めて漫画の原作があったことを知ったんですが、どうも暴力シーンが多そうです・・・。
見てついていけるか、ちょっと不安な気がしてきました。

同じように、テレビの番宣で見に行った映画に「デトロイト・メタルシティ」があります。
本当に、深夜に放送していて映画紹介を少し見ただけで面白そうだ!と思い映画館に向かいました。
漫画が原作であることや、主人公がヘビーメタルのバンドをしている、というだけで詳しい内容も知らないまま見に行きました。
「ポカーン」としたシーンもあったのですが、笑えるシーンが多くて楽しめました。

「ドロップ」、さてどうしようかなあ・・・。




アッシュ・ダイアる トップページへ戻る
posted by アッシュ at 09:23 | Comment(0) | 映画>感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年04月05日

映画 ゴースト 違う感想

昨夜、WOWOWのプロジェクト・ランウェイを見た後に
192chで「ゴースト/ニューヨークの幻 (Ghost)」を放送しているのを見つけました。

映画館でボロボロ泣いてしまった映画です。
実は、DVDも持っていたりします。

それでも、つい放送していたらそのまま最後まで見てしまいました。
デミ・ムーアが若かった!
この映画で彼女を知りました。
それから、元夫のブルース・ウィリスを知りました。
随分経ってから、現夫のアシュトン・カッチャーを「バタフライ・エフェクト」という映画で知った訳です。
この「バタフライ・エフェクト」、続編が出ているんですが、主人公が違っているし、
断然1作目がお勧めです。
最後に流れるOasisの曲もよかったです。

この映画に出ているウーピー・ゴールドバーグもよい味を出していました。
彼女の出演映画では、「天使にラブ・ソングを…(Sister Act)」がお気に入りで、
これまたDVDを続編とともに持っています。

続きを読む

アッシュ・ダイアる トップページへ戻る
posted by アッシュ at 22:18 | Comment(0) | 映画>感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。