2009年08月19日

ドラマ アップライジング ポーランドのユダヤ人

週末に「アップライジング」というテレビ映画を観ていました。

毎週、スカパーのAXNで放送されていた「CSI シーズン6」を録画しており、
CSIが最終回を迎えた後も録画の設定をそのままにしていました。

そうして録画されたのが、「アップライジング」です。

この映画は、第二次大戦下のポーランドでのユダヤ人のゲットー蜂起を描いたものです。
AXNでは4週に分けて放送されましたが、もともとは1本のテレビ映画のようです。

ドイツのユダヤ人迫害、それに対するレジスタンスが話なので、
内容は重苦しいものです。

映画「シンドラーのリスト」や「戦場のピアニスト」と似た系統です。

第1話の途中までみていて、見るのを止めようかなあと思っていましたが、
見るうちに続きが気になって最後までみてしまいました。
(こういうとき、録画していると続けて見えるのでいいですね)

俳優さんたちは、名前をちゃんと覚えてはいませんが
「このドラマ、映画に出ていた人だ!」と認識できたので
それも最後まで見た遠因になっていると思います。

ドイツがその後どのような結果になっているのかは分かっているとはいえ、
ポーランドのゲットーに住むユダヤ人たちのレジスタンスがあったことを知りませんでした。

ドラマとはいえ、戦争がない今の日本に住んでいることは幸せだなあと
しみじみと思ってしまいました。

8月中旬は、戦争についての特集がよく放送されます。
娘たちは何度目かの「火垂るの墓」を見ていました。

こうして、日本での戦争がテレビだけのものになってほしいなと感じました。




アッシュ・ダイアる トップページへ戻る
posted by アッシュ at 16:29 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126032324
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

レジスタンス 報復の刻
Excerpt: レジスタンス 報復の刻の最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「レジスタンス 報復の刻」へ!
Weblog: レジスタンス 報復の刻
Tracked: 2009-08-20 04:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。