2009年12月20日

初雪 中学の頃の 思い出

この間の金曜日、徳島市にも雪が降りました。

朝のほんのわずかの時間と、日も暮れてからの時間です。
積もるまでにはいかずに、気がつけば降りおわっていました。

こちらでは降り積もることはそんなにありません。
朝、目が覚めて雪が降り積もっていたら驚いてしまいます。

私が中学3年生の頃に、大雪が降ったことがありました。
その時は授業中でしたが、あまりの降雪量のために
急遽授業は中止、家に帰宅することになった程です。
帰りの学活時の先生の言葉は「滑らないように。」
高校受験真っ最中の同級生達も含めて苦笑い?した記憶があります。

中学のときは自転車通学でした。
大雪のために学校から帰る途中は、さすがに自転車に乗れません。
自転車を押しながら歩くたびに足跡が残っていき、
雪の冷たさを感じたのを覚えています。

子供の頃に比べると、本当に雪が降る回数や量が減ったと思います。

アッシュ・ダイアる トップページへ戻る
posted by アッシュ at 17:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年12月09日

ミミズは どこから やってきた?

庭に出てみたら、ミミズがいました。

何というか、何もないところに現れた感じなので
「何故ここに?」と思ってしまいました。

植物があるところからは離れているし、
ミミズが土から出てきた跡はないし
(ミミズ自身は土のせいか?黒っぽい感じでした。
それに対して、ミミズがいた場所の土は乾いていて穴などはありませんでした。)
どこからやってきたのか気になりました。

とはいうものの、ミミズがいるということは土がよくなるはず。
そっとしておくことにしました。

春先は花オクラを植える予定にしています。
まだどこに植えるか決めていませんが、出来るなら春までに
ミミズくんに土を耕して?おいてもらおうと思います。


アッシュ・ダイアる トップページへ戻る
posted by アッシュ at 15:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年12月07日

不吉な夢? 夢占いで 一喜一憂

深夜、うとうとしていると夢を見ました。

その夢は2回目になります。
正確には、前回見た夢の続きを見た、と言った方がいいでしょう。

どんな夢だったかと言うと・・・。

ある女性の部屋でいる。
そこには猫がたくさんいて、ほとんどが白い猫。
飼い主の他メガネをかけた男性もいた。
その後、庭に出て梯子に登る。
が、その梯子はぐらぐら揺れるので下を見ると
先の方が壊れかけていている。
そのうちバランスが崩れて庭に倒れる。

というものです。

多分、前回は女性宅で猫を見たくらいだったように思います。
最初の夢は、我が家の犬くんを獣医さんに連れて行った日の夜に見たと思います。
というのも、犬くんの診察の前が猫だったからです。
その猫の飼い主さんは、猫を自宅で6匹飼っているそうなのです。

一匹だけでも手間がかかるのに、凄いなあと感心したので
夢に見たのだとその時は思ったのですが、今回は全く違います。

少し気になって夢占いのサイトを覗いてみました。

そうすると、白い猫は吉凶どちらの意味もあるようです。
「幸運、まれな出来事、出会い」と書いてあるサイトもあれば
「騙されたり、罠にはまったりするかもしれない」と述べているサイトもあります。

ついでに、「梯子から落ちる」もどういう意味があるのか調べてみました。
意味は、「努力が水の泡になる、進路を妨害される恐れがある」でした。

・・・あまりよくありません。

星占いと同じで信じきるのはいけないと思いつつも、
何か悪いことがあるのかなあと若干不安になってしまいました。

とはいうものの、日中は夢占いのことなど忘れてのん気に過ごしました。
要は気持ちの持ちようなのかも知れません。

しかし、次の夢を見るまでは少し用心?しようと思います。


アッシュ・ダイアる トップページへ戻る
posted by アッシュ at 19:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。