2009年08月13日

魚の眠り方 夜中に起こされ 確かめる

魚には、瞼(まぶた)がありません。

人間なら瞬きをしたり、眠るときには眼を閉じたりするわけですが、
瞼がない魚はいつも目を開けっ放しです。

いつだったか忘れましたが、
魚がいつ眠るのか、放送していたのを見たことがあります。

男の子が飼っている熱帯魚が静かに動かなくなりました。
それが、魚の世界では寝ていることになるらしいです。


そんなことをフッと思い出したのは、夜中のことでした。

下の娘が、私の元にやってきて、トイレに行きたいと起こしてきたのです。

いつもは寝てしまうとそのまま朝までぐっすりか、
私が起きている時間帯にトイレに一人で行くので
このようなことは本当に久しぶりです。

眠い眼をこすりつつ、娘と一緒に階段を降り、娘のトイレを待っていました。
その時に、金魚が寝ているかどうか確かめる気になりました。

幸い、金魚がいる玄関辺りは電気をつけていませんでした。
水槽の周りはほんのりと薄暗く、でも金魚の居場所はちゃんと分かります。

昼間の金魚は、いつも「エサをくれ〜」と言わんばかりに
水面近くをうろうろしています。

そして、夜中の金魚はというと・・・。

水槽の底あたりで、動かずにじっとしていました!
「寝ているんだ!」と思うと同時に、
テレビで眠っている熱帯魚と同じだなあと少し感動してしまいました。

この間は犬くんに起こされて、次は娘に寝ているところを起こされました。
二度あることは三度ある、でまた起こされるのではないかなあと思います。

次はまた何か発見があるといいなあ・・・。



アッシュ・ダイアる トップページへ戻る
posted by アッシュ at 16:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | ペット>金魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年08月12日

大雨来たる、 水も来たる。 

昨日の記事に続いて、また雨の話題です。

週があけての月曜日はまだ雨が降り続いていました。
ニュースを見ていると、注意報、警報まで出ていたようです。

この日は娘が歯医者に行く予定でした。
激しく降る雨の中、車を出発させました。

家を出て少しして道路を右に曲がると・・・!
道路が水であふれていました。

車がやっと対向できるくらいの細い道なんですが、
そこから先の方まで水浸し状態です。

車を進めようとしましたが、このまま行くとエンジンが故障するかも・・・と思い
別の道を行こうと方向転換しました。

そして、別の道を行きましたが、またもや道路が冠水しています。
この道をあきらめて国道沿いに行こうとしましたが、
進んでいくとまたもや水浸しになっているところが・・・。

冠水しているところは、多分土地が低くなっているところなんだと思います。
国道に続く道は、「く」の字を左に90度回転させた感じの真ん中部分に
水があったように感じました。

結局、家に戻って予約をキャンセル、別の日に歯医者に行くことにしました。
他にも用事があったので、こちらも事情を話しキャンセルしました。

久しぶりに道路が冠水したのを見たので驚くと同時に、不便さを感じました。
子供の頃は、台風が来て警報になると休みになるのが嬉しかったんですが・・・。

しばらく雨が降り続きました。

少し雨が止んだ頃、娘が家の近くの冠水した道路を見に行きました。
朝の出来事が嘘のように、水が引いていたそうです。

夫が出勤したときは道路に水はなかったそうだし、
私に用事があるときに限って、邪魔されているのでしょうか。

台風による被害が大きい中、何事もなかったのは幸いです。
新聞には様々な被害が報告されています。
これ以上、災害で悲しい出来事が起こらなければよいと思います。




アッシュ・ダイアる トップページへ戻る
posted by アッシュ at 13:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年08月11日

台風の夜 困った犬くん それに私

週末から月曜にかけての豪雨が嘘のように、
今日一日はよいお天気でした。

気がついたら、前回の記事を書いてから早くも1週間になろうとしています・・・(汗)。
書くときは書くのに、一度書かなくなったらかなり間が空くようになりました。
これは私の悪い癖だと思うので、どうにかしなければなりません。
(書きたいものはあるんです。)


日曜日の深夜。
正確には、月曜日の3時ごろでしょうか。

犬くんの鳴き声に目が覚めてしまいました。
雷が数回あり、窓がその度に明るくなっています。

雷が怖いのかなあ〜とウトウトしつつ、
前日の娘との会話を思い出しました。

犬くんがクンクン鳴いている。
でも、いつもの窓際の場所にいる。

夜中に起きたときも、同じようにクンクン鳴いていました。

どうしたんだろうなあ・・・と布団の中で考えて思い当たったのは、
鎖が引っかかって動けなくなったのかも、ということです。

最初に我が家が来た頃は、
庭にある木の周りをぐるぐる歩き回って鎖が木に絡まり、動けなくなっていました。

窓際には私や家族が庭に出るためにブロック2段積み重ねて置いてあります。
(そこは普段犬くんがいる場所です。)
そのブロックの隙間に鎖が入り込み、動けなくなっていることもあります。

きっと、動けなくなっているんだろうと思い、
階段を下りて犬くんのいる場所に行ってみました。

思ったとおりでした。
雨の中、動けなくて濡れねずみになっていました・・・。

仕方がないなあ、と思い鎖をブロックから外そうと思ったら、
これがなかなか外れません。
押しても引いても反応なしでした。

雷でたまに庭が明るくなるので、鎖が引っかかっている場所は分かっているのに
どうしても鎖が外れませんでした。

庭はちょっとした水たまり・・・いえ、池状態です。
家の中からは鎖を外すのは無理だと思い、サンダルを履いて庭に降りました。
その間、犬くんは(当たり前?ですが)大人しく待ってくれていました。

やっと、鎖がブロックから外れたときには
私の手は泥だらけ、足は雨水で濡れていました。

ほっと一息、布団に入り直しましたが、
それから一時間ほど眠れなくなってしまいました。

もう、鎖に絡まるのは止めて欲しいなあと思った夜の出来事でした。

次の日は一日、眠くて仕方がありませんでした。


アッシュ・ダイアる トップページへ戻る
posted by アッシュ at 20:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記>日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。